スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回定期演奏会

Ensemble Kreis

 2002年10月結成される。
 当初より指揮者を置かず、13名から始めたアンサンブル・クライス、若手からベテランまで20名前後のメンバー各々の経験と知識を持ち寄り、何よりもより良い音楽を生み出そうという情熱を基に、スタンダードな曲から知られざる名曲まで、毎年チャレンジして参りました。
 第10回目となる記念のコンサートは、東京文化会館小ホールにて行います。

2013年2月25日(月)19時開演
  シベリウス:アンダンテフェスティボ
  モーツァルト:ディヴェルティメント 変ロ長調 k. 137
  トゥリーナ:闘牛士の祈り
  チャイコフスキー:弦楽セレナーデ
 於 東京文化会館小ホール

 アンサンブル(音楽用語では合奏)はコミュニケーションに他なりません。
 クライス(輪・仲間)の示す通り、呼吸を合わせて対話し、時には対立し…最後の響きは必ず空気に帰ります。
小さな響きの輪は広がり、より大きな響きの輪に…聞きに来て下さるお客様と共に、演奏会という時間と空間に満たされる心地よい響きを味わい、正にこの時を生きる事が出来れば、柔らかい心持ちになっていただければと思います。

 アンサンブル・クライスは弦楽合奏です。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの仲間で成り立っています。ぜひ第10回定期演奏会、どうぞ聴きにいらっしゃってくださいませ。m(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンサンブル・クライス

Author:アンサンブル・クライス
Ensemble Kreis
指揮者を置かない弦楽アンサンブルとして、年一回定期公演をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。