スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリテン作曲 『プレリュードとフーガ』

「アンサンブル・クライス 第8回定期演奏会」
 3月11日(金) 19:00開演 横浜みなとみらい小ホール    全自由席 2000円


 2曲目は Edward Benjamin Britten エドワード・ベンジャミン・ブリテン (1913~1976)の作品です。
 イギリスの作曲家、ブリテンが生まれたのは、20世紀に入りロマン主義から新しいスタイルへと音楽が向かっていく時代でした。保守的なイギリス人とあって、ブリテンは他国の作曲家が大胆な手法を用いる中、伝統を守りながら も多少の大胆さを見せ、かつ親しみやすい曲を作り、多くの支持者を得ました。

 『プレリュード(前奏曲)とフーガ Op.29』はブリテンの作品を数多く初演してきたイギリス人指揮者 ボイド・ニールと、彼の弦楽オーケストラの10周年記念を祝うために作曲されました。

 18人の演奏者(ヴァイオリン10名、ヴィオラ3名、チェロ3名、コントラバス2名)が、それぞれ独立したパートを演奏します。

 ブリテンの出世作と言われる「弦楽合奏のためのフランク・ブリッジの主題による変奏曲」と比べて演奏時間は短いですが、18人の奏者が次から次へと技巧的なパッセージを移り変わるかのように演奏していき、ブリテンの素晴しいオーケストレーションが表れています。
       (S)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アンサンブル・クライス

Author:アンサンブル・クライス
Ensemble Kreis
指揮者を置かない弦楽アンサンブルとして、年一回定期公演をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。